漢字検定問題集 おススメ2選!!

漢検 小牧市 名学館 勉強法
漢検 小牧市 名学館

塾教育ランキング
↑塾教育ブログランキングに参加中!!
クリックすると他塾のブログが見れます。とても参考になるので是非どうぞ!!

なんだか今日は凄い雨で、雷もゴロゴロ。
自転車の生徒はさすがに大変そうでしたが、がんばって来てくれたのは本当にすごいし嬉しいです。

さて、明日は第1回 漢字能力検定 ( 漢検 )実施日です。
当塾では準2級から9級までの受検がありますが、やはり3~5級程度の受検者数が多いですね。

漢検 小牧市 名学館

漢検 小牧市 名学館

多くの受検者は既習範囲なので、まずは漢検特有の問題形式を知るためにも過去問を1回分解きます。

塾長おススメの 漢字検定問題集 2選

塾長
日本漢字能力検定協会 が出している公式の過去問題集です。

学校のテストではあまり見たことがない、問題形式があります。

たとえば3級の主な出題内容は
・漢字の読み
・漢字の書取り
・部首・部首名
・送り仮名
・対義語・類義語
・同音・同訓異字
・誤字訂正
・四字熟語
・熟語の構成

などがあります。

これで苦手分野がわかれば、あとはでる順で対策をしていきます。

塾長
塾長はこのでる順シリーズがおススメです。

当塾の漢検特別講座では、前半で模擬試験、後半で苦手分野のでる順問題集という具合に取り組んでいました。

1カ月程度で200点中100点前後だった生徒も、140点以上の合格点を取れるようになります。

もちろんスタート100点以下だとかなり厳しい状況ですので、場合によっては受検級を一つ下げる方がしっかりと基礎からできるのでよいと思います。

漢検なんて受けて意味あるの?

漢字はあらゆる学習の基礎となります。

文章を読み書きするということだけでなく、暗記をするという側面でもとても大切な学習の基礎となります。

漢字を覚えるコツをつかんでいる子は、英単語や、社会の用語の暗記も得意な傾向があります。

ただ単に漢字をだらだら10回書いているような勉強方法をしているようでは、なかなか覚えられないのは当然です。

得意な子は形と音や意味の関連を考えたり、面白いイメージをしたりする工夫をしています。

暗記するときも頭をフルに回転させてください。

声に出す、見て覚えたら手本は隠して、自分で書いてみる。

書いた漢字を手本と見くべて、合っているか確認する。

また、手本と書いた漢字を隠して書く。

インプットしたら、必ずアウトプットです。

これは漢字だけでなく、あらゆる暗記に繋がります。

みなさんも意識してみてください。

■まとめ■
①過去問題を解く
②でる順問題集で苦手対策をする。
③漢字は学習の基礎であり、暗記の基礎である。
****************************

お問合せはこちら

Tel:0568-74-4119

受付時間

●月~土曜日/16:30~22:00

〒485-0013 愛知県小牧市新町1丁目86番地

随時、入塾希望者募集中ですので、お気軽にお電話ください。

まずは入塾説明、学習カウンセリングに来て頂き、無料体験授業を受けよう!!

「ブログ見ました。」で、

入学金 5,000円OFF

※入塾説明時に言われた方のみの限定です。

なお、他の割引との併用はできませんのでご了承願います。

*************************